企業倫理

アダマンドおよびグループ会社(以下総称して“並木グループ”といいます)は常に「企業倫理」に沿った事業活動を行い、社会に貢献します。

このため、以下の行動規範7原則に基づき社員一人ひとりが高い企業倫理を持って
行動し、「良き企業市民」として積極的に社会的責任を果たしていきます。

1. お客様の信頼獲得

  お客様のニーズにかなう社会的に有用な製品を開発、提供し、お客様の信頼と満足を獲得します。

2. 公正な関係の保持

  常に公明正大な取引を行い、取引先との信頼関係を築き、相互の発展を図ります。また、政治・行政と健全かつ
  透明な関係を保ちます。

3. 国際的ルールの遵守

  グローバルに事業を展開する並木は、国際ルールや現地法令の遵守はもとより、現地の文化・慣習を尊重し 、
  その発展に貢献します。

4. 社会とのコミュニケーション

  株主はもとより広く社会とのコミュニケーションを図り必要な企業情報を積極的かつ公正に開示します。

5. 社員の連帯と環境づくり

  社員の多様性・人格を尊重する一方、並木の社員として連帯感を持ち、自己の能力、創造性が
  最大限発揮されるよう安全で働きやすい職場環境づくりを行います。性別、身体障害、宗教等に
  もとづく差別や嫌がらせは許しません。

6. 情報の厳正な管理

  取引先、個人等の情報、並木の機密情報は厳正に管理します。

7. 環境問題への取り組み

  並木は経営の最重要課題の一つに環境保全を置き、積極的に行動します。