精密加工部品

受石

穴石

1960年に日本で初めて時計用宝石の国内製造を始めてから、現在に至るまで製造を続け、供給しております。
機械式時計の重要部品である軸受宝石の製造には、ルビーという硬質な素材に対して「ミクロン単位」の加工技術が必要です。これらの硬質難削材は耐摩耗性に優れているものの、もろく欠けやすいという性質を持っています。

腕時計にはジュエルと呼ばれる人工宝石(ルビー)が用いられており、文字盤に「17石」「17J」等と表示され使用されている石の数を表しています。

受石は腕時計の軸受けに使われる人工宝石です。天心や歯車などの回転する軸の心棒の軸受けの磨耗を防ぐために人工ルビ-などの宝石が使われています。ルビーは硬度も高く、摩耗に強いので力のかかる車の軸を受けるのに適しています。
受石の中心部には穴が開いており、その周辺には油溜りと言われる窪みがあります。