精密加工部品

セラミックキャピラリ

キャピラリ, セラミックキャピラリ

セラミックキャピラリは、ボンディング装置(ボンダー)で使用される消耗工具で、ボンディング対象製品に合わせて設計、製造される精密加工部品です。

セラミックキャピラリは、光通信用フェルールの量産技術である、射出成形技術を用いて製造されています。このため、従来のキャピラリに比べ、同軸度が圧倒的によく、キャピラリ交換時のボンディング位置の、再調整作業を低減出来ます。
また、通常のアルミナセラミックよりも高硬度であり、超寿命をお約束します。さらなる高寿命用にDLC(diamond like carbon)コートを施すことも可能です。

セラミックキャピラリは、硬質な材料に、傷つきやすい細い金線を通して、高速で使用されるため、特に表面荒さ、正確な形状形成が必要不可欠です。当社では、同様に光ファイバを通すジルコニアフェルールで培った、超精密加工技術を用いて、なめらかな形状を仕上げます。